新しい街の「伝統校」として多くの調理師を送り出している東京多摩調理製菓専門学校

中学生の方 お問い合わせ アクセス
  • 1968年創立 調理・製菓・製パンすべて学べる伝統校。

    「食」の業界は、無限の可能性があります。つくる楽しみ、食べてもらう楽しみ。そして「おいしい」と
    言われる喜び。これからプロの調理師、パティシエ、ブーランジェをめざす夢と情熱をもったみなさん、
    1968年創立。多くの卒業生を育ててきた、東京多摩調理製菓専門学校(多摩調)で「食」のプロを
    めざす一歩を踏み出しましょう。
  • Tamachoは目標資格が最大12種!!

    一流の調理師、製菓・製パン技能士を目指すための資格とカリキュラム。
    取得目標資格数は調理・製菓の専門学校でトップクラス!!
    少規模校の徹底サポートで、多摩調のプロの講師が一人ひとり熱心に指導します!
  • 2年間で調理・製菓・製パンの基礎を身につけ現場で活躍!

    「調理師科 調理・製菓コース」では、2年間で製菓・製パン+調理を学びます。
    1年目は調理。2年目は製菓・製パンと期間を分けて集中して学べます。
    調理師免許を取得し、全ての現場で活躍できるパティシエ・ブーランジェを目指します。
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」2014年4月設置

    職業に必要な実践的かつ専門的な能力を養成する事を目的として専門分野における実務に関する知識、技術
    及び技能について組織的な教育を行うものを目的とし、文部科学大臣が新たに認定した課程です。数少ない
    「職業実践専門課程」に当校の調理高度技術学科2年制が文部科学大臣より認定されました。
  • 調理師免許が取れる高校![向陽台高等学校]

    [高等課程3年制]は学校法人早稲田大阪学園向陽台高等学校と技能連携し、調理師免許と高卒資格をW取得!
    調理実習は専門学校のプロの先生が指導します。
    包丁の研ぎかたから学び、将来プロの世界で活躍できます。

TOP > 高校生の方 > Q&A

Q&A

Q1.東京にはたくさん調理・製菓学校があって悩んでいます。
Ans. 東京都内には調理・製菓学校 がたくさんありますが、それぞれの学校に特色があり、皆さんが「一番成長できる!」と感じた学校を選ぶ必要があります。tamacho(タマチョー)は小規模な学校なので、サポートが強く、取得目標資格数も東京都内の調理師学校で一番多いのが特徴です(調理高度技術学科2年制で12種類)。また、都内には調理師免許を目指していないスクールもあります。これらの学校の特色をしっかり理解するために体験入学(オープンキャンパス)には必ず数校参加してそれぞれの特色をしっかり理解しましょう。進学する調理・製菓学校を1つの地域から複数選べるのは、東京・神奈川エリアだけです。
Q2.「調理高度技術学科2年制」と「調理師科 調理製菓コース2年」でどちらに進学するか迷っています。
Ans. 調理高度技術学科は「調理」分野(和・洋・中・給食など)に就職したい方へ。調理・製菓コースは「製菓・製パン」分野(パティシエ・ブーランジェ)に就職したい方に。とアドバイスしていますが、個人の目標や将来の夢によって目指す学科・コースは様々です。必ず体験入学の個別相談で確認して下さい。

Q3. tamacho(タマチョー)の「調理師科 調理・製菓コース2年」と、他校の「製菓科2年制」でどちらに進学するか迷っています。
Ans. 製菓・製パン業界は小規模店(個人店)で成り立っている業界なので、調理師と比べると求人数が多くありません。ハローワークの応募資格で「調理師」は見かけますが、「製菓衛生士」の求人を見かける事は稀です。フード業界への就職に強い国家資格が「調理師」です。タマチョーでは、敢えて「製菓2年制」学科は設けず、調理師免許+製菓・製パンを学べる「調理師科 調理・製菓コース」を設置しています。将来パティシエ・ブーランジェをめざす方も、調理師免許があれば、レストランでお菓子やパンの仕事に就けたり、料理もお菓子も美味しいカフェで働けたりと夢も広がります。「調理師科 調理・製菓コース2年」で調理師免許を取ってパティシエ・ブーランジェを目指せます。
Q4.「調理高度技術学科2年制」と「調理師科1年制」の違いは何ですか?
Ans. 例えば「日本料理」のお刺身のように火を通さない生の魚を「フレンチやイタリアン」のお店でも提供するようになっています。日本人のほとんどの人は和洋中の料理を食べる世界的にも珍しい食文化を持っています。本校は、国から指定された調理師専門学校であり、調理師になるために日本・西洋・中国すべての料理の基本を学ぶことになっています。それは、卒業後自分の専門とする分野以外の料理から長所や手法を取り入れて、新しく創造性あふれる料理を生み出す時などにも役立ちます。また、ケーキ屋さんでクロワッサンやバゲットを販売したり、パン屋さんで焼き菓子やケーキを販売するお店も増えています。多摩調は「キャリアアップ制度」で日本・西洋・中国 ・製菓・製パン全てを2年間(又は3年間)で学ぶことも出来ます。
Q5.「調理高度技術学科2年制」の2年目は和・洋・中のコースに分かれて勉強しますか?
Ans.tamacho(タマチョー)の2年制の特徴は、2年目も和・洋・中、コースを分けず全て学べる点です。例えば「日本料理・お刺身」の技法を「カルパッチョ」などフレンチやイタリアンのお店でも提供するようになっています。卒業後自分の専門とする分野以外の料理から食材・調理法を取り入れて、新しく創造性あふれる料理を生み出し、オンリーワンのお店を目指せます。就職も日本・西洋・中国料理、どのジャンルでも活躍できる調理師を目指します。
Q6.「製菓・製パン科1年制」はお菓子とパン両方の技術を1年間で修得できるのですか?
Ans.本校の製菓・製パン科では、1週間のうち4日(製菓12時間、製パン12時間)、全体の70%以上が実習です。tamacho(タマチョー)では製菓50%・製パン50%の実習時間で両方を均等に学べます。基本から本格的な技術まで、段階的に実習をくり返しマスターしていくので、確かな技術が短期間で修得できます。1年制のカリキュラムで「菓子製造技能士2級」「パン製造技能士2級」の受験資格を取得できるのはタマチョーだけです。最近ではケーキ屋さんでクロワッサンやバゲットを販売したり、パン屋さんで焼き菓子やケーキを販売するお店も増えています。tamacho(タマチョー)ではキャリアアップ制度で調理師科1年制へ内部進学し調理師免許を取得することもでき、2年で調理・製菓・製パンを学ぶことも可能です。
Q7.飲食業界に就職して、自分で国家試験を受験して調理師免許を取得するほうが早道ではないですか?
Ans.調理師を目指す場合、調理師学校に入学すれば最短1年で調理師免許を取得できます。自分で調理師免許国家試験を受験する場合でも最低2年以上調理の仕事に従事した後、国家試験を受験しなくてはなりません。調理師学校では、必要な科目を授業で履修するので、卒業時に「調理師免許」が取得でき、調理師を目指すには一番確実で早道と言えます。また、最近は食の安全性の意識の高まりから、ハローワークなどで紹介される飲食業界求人の応募条件に「調理師免許」が必須となる企業が増えているため、国家資格があれば、より就職に有利と言えます。
Q8.専門学校に入学する前に、どんなことを勉強しておけば良いですか?
Ans.入学後に包丁や道具の扱いなどの基礎から学んでいくので、専門的なことを勉強しておく必要はありません。今みなさんが出来る事は、調理・製菓に対する興味や関心を育てることです。好きなレストランやカフェやケーキ屋さんで食べ歩きをして入学までに「好きなお店」をたくさん作っておいて下さい。テレビ・雑誌などで“食”に関する身近な情報を積極的に吸収してください。また、健康に気を配り、規則正しい生活をこころがけてください。
Q9.東京多摩調理製菓専門学校の男女比はどれくらいですか?
Ans.調理師科は男性:女性=6:4くらいです。年度によっては5:5の場合もあり、男性からも女性からも求められる資格の1つと言えます。製菓・製パン科では男性:女性=3:7くらいです。どの学科も性別や年齢を問わず幅広く目指す人が多いのが調理・製菓学校の特徴です。
Q10.社会人でも入学できますか?
Ans.性別や年齢を問わず幅広い年代の方が、調理・製菓・製パンの仕事に興味を持って入学しています。特に調理師科1年制は新卒:既卒=6:4(年度によっては5:5の場合もあり)。製菓・製パン科1年制は新卒:既卒=7:3くらいです。ほとんどの社会人入学者は調理未経験者です。会社員・営業職・コンピュータ関係・学校の先生・消防士・看護関係など前職は様々です。前職や年齢は関係なく「1から基本を学び、卒業後は調理・製菓・製パン業界で仕事をしたい」気持ちがある方なら、入学を受け入れています。調理業界へ再就職を目指す方は、入学前に就職したい企業やジャンルをしっかり考えて入学して下さい。
Q11.中卒でも入れる学科はありますか?
Ans.「調理師科1年制」は、高等課程1年制を設置しているので、最終学歴が中卒の方でも入学でき、1年で調理師免許を取得できます。また、当校では「調理師科高等課程3年制」も設置しており、高卒資格+調理師免許を3年で同時取得する事もできます。ただし高等課程3年制は新卒の中学生が占めています。当校の調理高度技術学科2年制、製菓・製パン科1年制は専門課程なので中卒の方は入学できません。
Q12.県外からの入学はありますか?
Ans.東京・神奈川は日本の「食」の中心です。そのため東京・神奈川で就職を目指し、県外から入学する生徒は毎年います。主な出身者は長野・山梨・群馬・福島・新潟・千葉・栃木・静岡・青森・岩手・秋田・山形・京都・島根・鹿児島・沖縄など。(過去3年の実績)
Q13.留学生は入学できますか?
Ans.留学生の方も入学できます。韓国・中国・香港・台湾・ブラジル・ボリビア・ペルーなど、様々な国から「日本で調理・製菓・製パンを学びたい」方が入学しています。
Q14.学割・奨学金は利用できますか?
Ans.厚生労働大臣指定認可校なので、学割・奨学金ともに対象となります。ただし「日本学生支援機構」奨学金は1年毎の申請となります。2年目の再申請は必ず借入できるとは限りません。当校では「調理高度技術学科2年制」のみ2年分まとめて申請可能です。「東京都育英資金」は1年間のみ借入できます。
Q15.「1日体験入学」は予約は必要ですか?当日持っていくものはありますか?
Ans.食材の準備があるので「1日体験入学」は必ず予約をして下さい。当日は体験実習があるので、動きやすい服装で来て下さい。エプロン・コック帽子は当校で用意します。特に、ネイル・マニキュア・派手な化粧・付けマツゲ・指輪・ピアスなどは食品を扱う体験実習を行うため、控えて下さい。