新しい街の「伝統校」として多くの調理師を送り出している東京多摩調理製菓専門学校

中学生の方 お問い合わせ アクセス
  • 1968年創立 調理・製菓・製パンすべて学べる伝統校。

    「食」の業界は、無限の可能性があります。つくる楽しみ、食べてもらう楽しみ。そして「おいしい」と
    言われる喜び。これからプロの調理師、パティシエ、ブーランジェをめざす夢と情熱をもったみなさん、
    1968年創立。多くの卒業生を育ててきた、東京多摩調理製菓専門学校(多摩調)で「食」のプロを
    めざす一歩を踏み出しましょう。
  • Tamachoは目標資格が最大12種!!

    一流の調理師、製菓・製パン技能士を目指すための資格とカリキュラム。
    取得目標資格数は調理・製菓の専門学校でトップクラス!!
    少規模校の徹底サポートで、多摩調のプロの講師が一人ひとり熱心に指導します!
  • 2年間で調理・製菓・製パンの基礎を身につけ現場で活躍!

    「調理師科 調理・製菓コース」では、2年間で製菓・製パン+調理を学びます。
    1年目は調理。2年目は製菓・製パンと期間を分けて集中して学べます。
    調理師免許を取得し、全ての現場で活躍できるパティシエ・ブーランジェを目指します。
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」2014年4月設置

    職業に必要な実践的かつ専門的な能力を養成する事を目的として専門分野における実務に関する知識、技術
    及び技能について組織的な教育を行うものを目的とし、文部科学大臣が新たに認定した課程です。数少ない
    「職業実践専門課程」に当校の調理高度技術学科2年制が文部科学大臣より認定されました。
  • 調理師免許が取れる高校![向陽台高等学校]

    [高等課程3年制]は学校法人早稲田大阪学園向陽台高等学校と技能連携し、調理師免許と高卒資格をW取得!
    調理実習は専門学校のプロの先生が指導します。
    包丁の研ぎかたから学び、将来プロの世界で活躍できます。

TOP > 高校生の方 > OB・OGメッセージ

OB・OGメッセージ

多摩調では、本校の卒業生を募集しています。
取材させていただき、現在ご活躍されている様子を入学案内でご紹介したり、 みなさんの近況をfacebookでシェアしたりしています。

ご協力頂ける方はいずれかの方法で 多摩調まで直接ご連絡をお願いします。

Osteria arcobaleno

東京都調布市布田3-46-2 田口ビル2F

042-427-8764

京王線布田駅から徒歩1分

イタリアンに魅了され、 自分のお店をオープン!

平野 真一さん

調理師科2001年卒業

Osteria arcobalenoオーナー
東京健康科学専門学校出身

もともと飲食系でアルバイトをしていましたが、そこではきちんと調理を教えてくれる人がおらず、イチから勉強したいと思い専門学校へ。
卒業後は、洋食屋で2年、イタリアンの店で4年働き、独立に至りました。最初の洋食屋は老舗で、やや格式が高い感じだったのですが、それに比べてイタリアンは陽気でカジュアル。そこで出会ったイタリア人シェフに影響を受けたのと、ナポリピザに感激し三軒茶屋に始めのお店を出しました。
東日本大震災以後の2011年10月「もっと身近な人に食べてもらえる店を...」と生まれ育った調布に移転しました。自分が美味しいと思い作ったものを、身近な人達に喜んで食べてもらえる事が最高にうれしいですね。

子どもたちの成長を見るのが、 とても楽しい。

立岩 愛さん

調理高度技術学科2007年卒業

打越保育園
戸板女子短期大学出身

私は栄養士の学校に通った後、料理も専門的に学びたくて多摩調に行きました。今は、幼児食調理と栄養士の仕事をしています。具体的には、給食の調理と献立の決定。最近は産地の問題や、食物アレルギーの児童がいたりと、食材にはいろいろ気を配らなくてはなりません。午前中は調理作業、午後は事務作業と、毎日多忙ですが充実感がありますね。なんといっても、子どもたちが私たちの作った料理を食べて成長していく姿が、いちばんのモチベーションになります。給食も残さず食べてもらえると、本当にうれしいですね。

さらに技術を向上させて料理長をめざしたい。

庄司 直哉さん

調理師科1999年卒業

なだ万 スーパーダイニング「ZIPANGU」赤坂店
東京都立農業高等学校出身

子どもの頃から寿司職人である父を見ていて、いつしか自然と和食の仕事に就きたいと思っていました。
今は、煮方さんの下で煮炊き物の仕込み、盛りつけ作業の他、部下8名の指導も大切な仕事となっています。
挨拶、雑用、地味な仕事など、あまり目立たないことの一つ一つの積み重ねが実に重要であることが、よく解るようになりました。技術だけではなく、お客様に喜んでもらいたいという気持ちも大切です。
自分自身もまだ覚えたいことがたくさんあります。
さらに技術を向上させ、10年、15年後には、ぜひ料理長と呼ばれていたいですね。

出会いを大切にし、人間の幅を広げいつか、自分の店を持つ!!

柿崎 勇義さん

調理高度技術学科2005年卒業

南国酒家 原宿店(本館・迎賓館)
都立永山高等学校出身

お弁当屋の父と、料理上手な母を見て育ったので、小学校の頃から料理に興味を持っていました。自分で食べたい料理を両親に聞いて作ってみるのが大好きで、よく台所に立ってました。
ずっと料理がやりたいと思っていて、いろんなところで活躍してます!
多摩調の体験入学に行き、その時に出会った熱心な講師の先生・中国料理を見て「この学校に入ろう!!」と決めました。入学してから中国料理にもっとはまって行きました。多摩調の実習は毎日本当におもしろかったです。
今の夢は、早く鍋場の仕事を覚え1人前として認められ、自分の店を持つ事です。

お菓子を通して、 感動を提供できることが喜び。

杉原 沙織さん

製菓・製パン科2005年卒業

YOU 松月
秋田県立小坂高等学校出身

仕事では、焼き菓子とケーキの仕上げ、ラッピングなどをしています。焼き菓子は1日6~7種類ほど焼きますが、いつも完売。
自分が考えた焼き菓子のレシピがシェフに認められ、商品化されたものもありました。その時はうれしかったですね。人が“見て、食べて、感動や満足感を得られるもの”を提供できることが、この仕事の喜びです。
とはいえ、一見華やかなイメージの製菓の世界も、厳しく地味な仕事であることは否めません。そのギャップを乗り越えるには、この仕事が好きだという気持ちを持ち続けることが大切だと思います。

学校で学んだ知識や理論が、 現場で役に立ちます!

友永 美香さん

製菓・製パン科2006年卒業

洋菓子「Hotel de Suzuki Labo」
八王子実践高等学校出身

小学生の頃からお菓子作りが好きで、この世界へ。高校の頃にデニッシュにはまったことから、製パンも学べる多摩調を選びました。
お店では、焼き菓子と生ケーキ作り、販売と、すべての業務をやっています。学校で学んだことは、いろいろと役立っていますね。例えば、専用器具の種類の知識があるだけで、現場で「○○取って!」と指示された時にすぐに解るから強みになるんです。
他にも、働き始めたら、学校で学んだ理論的な話も大切だということが解ってきました。私はつい聞き流したことも多かったので、少し後悔しています。
将来的には、ぜひ製パンにもチャレンジしてみたいですね。